昨日のコラムではコミュニケーションのコツとして、相手の価値観や考え方を『想像する』ということをお伝えしました。私たちは相手がどんなことで悩んでいるか、普段何を考えているかを『想像する』ということで、先回りして行動することができたのでしたね。相手の頭の中に入り、どんなことを日常で感じているかを『想像する』ことで、ちょっとしたサプライズも簡単になります。なぜなら相手が何をされたら嬉しいと感じるかを、理解することができやすいからです。

今日はあなたに、さらに相手を喜ばせるためのコミュニケーションのコツをお伝えします。それはタイトルにもある通り、『想像する』よりも強力な、相手の『心を読む』技術です。『心を読む』というのは大げさな表現かもしれませんが、『想像する』よりも、はるかにパワフルなスキルであるのは間違いないでしょう。では、どのようにすれば『心を読む』なんてことが、できると思いますか?

具体的に内容をお伝えする前に、あなたにはやってほしいことがあります。ここでちょっと、昨日のコラムのことを思い出してください。昨日お伝えしたコツというのは、あくまで相手の価値観や考え方を、あなたが『想像する』ということで、相手の理解を深めようとするというものでした。『想像する』の上の段階とは、どのようなものだと思いますか?

時間をとって、考えてみましょう。1分ぐらいで、構いません。

………。

……もう少し……

…。

そろそろです…。

はい、時間です! さて、きちんと1分ほど考えていただけましたか? こうしたワークは、必ず時間を取ってやってみてください。読むだけでは意味がありません。考えることで、より効果を発揮するものだからです。では、『想像する』の上の段階は、なんだと思いましたか?

答えはもちろんひとつではありませんが、私がオススメする今回のスキルは『体験する』です。つまり、相手の大切にしている価値観を、一緒に『体験する』のです。

例えばあなたの好きな人、恋人が美術館に行くのが好きだったとします。美術館の雰囲気や、そこに展示してある作品の細かな説明を読むのが好きだったり、作品から溢れ出るエネルギーを感じるのが好きだったとしましょう。

それに対して、あなたは美術館にはさっぱり興味がありません。通常であれば、その人に美術館に行くのに誘われたとしても、断るでしょう。もしくは「じゃあ一緒に行くよ」と言ったものの、当日はうわのそらかもしれません。「せっかく来たのに、楽しそうじゃないね」「え、そんなことないよ……」と、あなたは本心とは違う気持ちを言ってしまうハメになるでしょう。その嘘の気持ちは相手にも伝わってしまいます。

では、どうすれば良いのか。ここでは、相手がなぜその価値観を大切にしているのか、意図的に『体験する』ということが重要になります。正直に、誠実に、相手の価値観を一緒に『体験する』のです。

例えば、先ほどの例であれば「美術館に行こうよ」と言われたら「オッケー。でもじつは私は美術館には興味がないの。だけれど、あなたの大切にしているものを知りたいと思ってる。だから当日は、美術館の楽しみ方を教えてくれない?」と相手に言います。そうすることで、相手も「よし、自分の大切にしている美術館の楽しみ方というのを教えればいいんだな」という心構えができます。

そうして当日は、あなたはまったく違った過ごし方をこれまでとはできます。うわのそらではなく、相手に「あなたはこの作品を見て、どう感じるの?」と聞いたりするでしょう。つまり、美術館に行ったとしても、メインはあくまであなたの好きな人や恋人。相手がどんなことを大切にしているのかを聞きながら、美術館というものを一緒に体験することで、より相手への理解が深まるのです。「何をするかより、誰といるか」が重要なのは、この点からも同じことが言えるでしょう。相手と一緒にいれば、相手にフォーカスさえ向ければどこにいようと、あなたは相手への理解を深めるチャンスを掴むことができるのです。

だから、相手が大切にしているもの……この例でいえば、美術館にあなたが興味がなくとも、大丈夫なのです。むしろあなたには興味がないからこそ、「相手はどうしてそこに興味があるのか?」を追求する素晴らしい機会ともいえます。相手と一緒に『体験する』という気持ちでいれば、どんなところに行っても素敵なデートとなるのです。そしてそのデートの中で相手の大切にしているものの理由を、あなたは深く理解できるようになるでしょう。そうすれば、相手の『心を読む』というのは非常に容易くなります。

今日お伝えしたコツは、実行するのは正直難しいかもしれません。しかし、実行する価値はとてもあります。

「今日、あなたは相手の大切にしているどんな価値観を、一緒に『体験』しますか?」

相手の『心を読む』技術=相手の大切にしている価値観を『体験する』こと。今日はこれを、ぜひ意識してみてください。相手と過ごすのすべての時間が、大切なデートに変わるでしょう。

今井翔