ここ最近お話しているテーマとして、『やりたいこと』がこのブログでは多くなっています。それほどに私としては、『やりたいこと』をあなたにやってもらうのが、あなたの本来持つ魅力を思い出すキッカケとなると考えているからです。『やりたいこと』をやっている人は、人を惹きつける強力なパワーを持っています。あなた自身が、『引き寄せの法則』のまさに体現者となるのです。

しかし、『やりたいこと』に向き合うと、私たちは高い可能性で『怖い』という感情にぶつかります。あなたがやりたければやりたいことであればあるほど、心は恐怖を与えてくるのです。

あなたが恐怖を感じる理由としては、次のようなものがあります。じつは、潜在意識下ではあなたは『このやりたいことをやると、確実に自分の人生が変わるぞ!』ということを理解しています。これは一見すると良いように思えるのですが、エゴはこうささやきます。

「おいおい、その『やりたいこと』をやっても、本当にいいのか? お前の人生がこのまま変わると、何が起きるか分からないぞ」
「有名になればなるほど、バッシングも受ける。そもそもお前にその『やりたいこと』をやる資格があるのか? お前はまだまだ準備不足だ。もっともっと勉強してからにしろ」
「お金はあるのか? 『やりたいこと』をやるには多額の資金が必要だ。今のお前にはないだろう。それに、タイミングじゃないんじゃないか? というかこの『やりたいこと』は、お金にならないだろう。貧乏まっしぐらだぞ!」

このような声を、あなたのエゴはあなたにささやきます。

いかがでしょうか? あなたも一度はこのような声をが、頭の中から聞こえてきた経験があると思います。

結論からいえば、これらはすべてカンチガイです。

あなたのエゴの声に、惑わされないでください。あなたは『やりたいこと』をやることで、いまよりもはるかに多くのものを受け取れます。そしてどのような結末であれ、あなたは『やりたいこと』をやる以前のあなたよりも、幸せなはずです。

『やりたいこと』をやっているあなたと、やっていないあなた。どちらの方が好きでしょうか?

私たちは、自分に嘘をつくことはできません。もし嘘をついたとしても、それは自分自身には『私が今思ったことは真実ではなく、嘘だ』とバレてしまっています。つまり、長期的に見て自分のためになりません。心と身体に悪影響を及ぼしてしまいます。

何も『やりたいこと』をやるのに、すべてを投げ打つ必要はありません。ほんの少しずつ、あなたの『やりたいこと』をやれば良いのです。

「あなたが感じている『恐怖』がカンチガイだとすれば、あなたは本当は何をしたいでしょうか? そして、今日何かひとつだけ『やりたいこと』をやらなければならないとすれば、何をするでしょうか?」

今日はこれを、あなた自身へ質問として投げかけてみてください。『やりたいこと』に対して『怖い』と感じれば、しめたもの。それはある意味で、あなたの人生にとって『真実の道しるべ』なのですから。

今井翔