あなたは今年1年を漢字一文字で表すと、どんな文字になるでしょうか? ニュースを見ると、2017年の漢字は『北』になったようですね。『北』という字を見ると、私は故郷の『北海道』を思い出します。

ほかにも、『北極星』のごとく、私たちの生活の指針となり、人生を導いてくれる不変の『原則』を思い浮かべます。個人的に、歴史的名著である『7つの習慣』がまさにいまの私にとってはそれです。

ここのところ、FeBeによるオーディオブック版持ち運びに便利なKindle版じっくり読みたいときには紙の書籍で、日々欠かさず学習を深めています。

少し厚い本のため、特にオーディオブック版であれば学習はとても楽です。

ちなみに、私の場合は今年を漢字一文字で表すと……

『動』、になるかと思います。その理由としては、、、

私自身の環境や仕事の変化、人間関係や考え方などが大きく『動いた』年になったかと思います。おかげさまで初の出版となった『「モテる男」と「嫌われる男」の習慣』が即重版となり、累計発行部数が1.4万部を突破。これまでWeb媒体を中心とした私の活動が、雑誌『anan』へのコンテンツ監修をするなどして、じょじょにオンラインからオフラインへと『動いた』ように思えます。

どれも私ひとりの力ではなく、周りの方すべての力添えがあってのこと。出版で言えばオファーをかけていただいた編集者の方や営業の方、その本を売ってくれる書店さん。そして本を手にとってくれる読者の方々。どの点においても、本当に有難いなぁ……と感じる毎日です。

ここのところ、私の周囲にいる友人や知人、メンターからさまざまなことを教わります。そうした教えや叱咤激励があってこそ、私は成長ができる。ある意味で、『動』が私にとっての1位の漢字ですが、『愛』でも良いかなとも思いました。

ちなみに『愛』というのは、多くの人はあたかも捉えどころのない感情のように扱います。しかし、『愛』は『愛する』というように、『動詞』で捉えることを私はオススメします。

なぜなら、『愛』は自ら発信することができるからです。自然発生するのを待つのではなく、意識して出すことができます。

「自分を『愛する』」

「大切な人を『愛する』」

これらはどれも、自らの意志でできることです。あなたが『愛したい』と思った対象があれば、『動く』ことでいつでもできます。

来年はより、私は自らのもつ『愛』を『動く』ことで発信したいと思います。このブログやコラム、紙媒体などのメディアやセミナー・講演会やセッションを通して、オンライン・オフライン問わず……。自分自身はもちろん、大切なパートナーや家族、このブログを読んでいただいているあなたや世界そのものに対して、『愛する』ことを続けていきます。

『今年1年間を振り返り、私は何を学んだだろうか? どんなことを、来年以降に活かせるだろうか? また、今年1年間がんばった自分を、どのようして『愛する』だろう?』

今日は、大晦日。ぜひ今年1年間がんばった自分を労ってあげてください。まずは自分自身を『愛する』ことが私は重要だと思います。来年も多くの『愛』を、あなたは発信するのだと思います。そのためにも、ぜひ今日はあなた自身を『愛する』ことを意識してみてください。

今井翔